MENU

子供の頃に習っていた書道を、ブランクが数十年ありましたが、子供にも習わせたく、一人では行きたくないというので、これを機に自分自身も書道を再開することにし、子供のと一緒に書道教室へ通っています。子供の頃に書道を習っていたおかげか、今でも人から字を褒められることが多いため、子供にも、小さな頃から身につけて欲しいと願っています。最初こそ、私の隣でなければやらないと言っていた子供が、数回通った後から、一人で通えると言うようになったため、私は子供が学校へ行っている時間に通うようにしました。毎朝、家族を学校、職場へと送り出した後、掃除をし片付けをし、送り出すまでのバタバタが午前中続いていたため、イライラしている日もとても多いです。

 

習字に行くようになり、習字へ行くと、何もかもを忘れて、自分だけの時間を有意義に使える楽しみができました。心を落ち着かせて、字を書くことだけに集中できると言うとっても大切な、貴重な時間を設けることができました。子供の頃は、ただ単に習字を書いていたと言うだけの時間が、大人になった今は、同じことをやっても、こんなに感謝できるとは、自分でもびっくりしています。心を落ち着かせ、何もかも忘れて1つのことに集中できるなんて、感謝の気持ちでいっぱいです。習字は、背筋も伸び、姿勢も良くなるため、習字を習っていて損することは、何1つないと思います。子供は、足が痺れてしまうため、椅子席の方に行っていますが、私は心を無にしたいため、正座で書道に集中しています。これからも続けていこうと思います。