MENU

私は小さい時に、自宅の近くの教室に美文字トレーニングを習いに行ったことがありました。その時、最初はとても嫌だったのです。それは、字をかくことがそんなに好きではなかったので、その字を習いたい、そんな気持ちがなかったのです。そのため、嫌と思いながら教室にいくことになりました。

 

その教室では字を学ぶことと、礼儀作法も一緒に習うことになりました。だいたい書道教室ではそのように、礼儀作法も一緒に教えてもらえるところが多いようです。私がいっているところも、そんなふうに礼儀から入るところでした。そのことも、小さい時は、辛いと思っていました。しかし、少しづつ慣れてくるのです。そしてそのことが、後から良いと感じることが多くなったのです。

 

まずその時の覚えた礼儀は、ずっと覚えていて、体に染み込んでいるということです。しかも文字を書く時に、姿勢も良くなります。すると神経を集中させることができるのです。それは、小さい子供としてそんなことは、無理と思っていたのですが、書道を通じて出来るようになりました。

 

また、なんと言っても字を書くことが好きになったということです。文字を書くことが好きになって、そのことが自慢となりました。文字を書くことが自慢となると、とても嬉しいです。それは人に褒めてもらうことが出来る機会が増えるからです。

 

年賀状を書いたとき、ふとした時に文字を書いた時などとても褒めてもらうことができます。するといろいろなことに興味を持つことが、その後から見られるようになりました。