MENU

美文字トレーニングであなたの印象を変える!!美文字の書き方

文字はその人の人柄を表すと言います。近年、どんどん丸字や文字を上手く書けない若い人が増えてきています。しかし文字を綺麗に書けば、他人からのあなたの印象が180度変わります。美文字なだけで、頭の良さそうな印象や上品な印象を与えることが出来るのです。ではどのようにすれば美文字になれるのか、お教えします。

 

まずは初歩的な事ですが、ペンの持ち方を見直してみてください。正しいペンの持ち方は、ペン先3cm上を親指と中指と人差し指で摘むように持ちます。この持ち方でかなり文字が変わってきます。そして姿勢を正して書くようにしましょう。姿勢が悪いと負担がかかり、文字の崩れに繋がります。そして練習が必要です。

 

自分が書けるようになりたい美文字を参考に、何度も書いてみます。やはり手本が大切なので、必ず綺麗な文字を見ながら練習してください。書いていくうちに自分の癖にも気付けますし、美文字のコツも見えてきます。

 

美文字のコツは、まず「とめ」「はらい」「はね」がしっかりすることです。そして等間隔で書くことです。漢字はたくさんの線で成り立っていますが、等間隔で書くことを意識すればバランス良い文字が書けます。また文字と文字の間も等間隔を保つようにしましょう。

 

それだけでも見た目の綺麗さが変わってきます。初めは難しいかもしれませんが、ゆっくり書く練習をしていけば必ず上達します。美文字であなたの周りからの印象を変えて、新しい自分を見せてみてください。

美文字になりたい…という方も多いのではないでしょうか。美しい字は、誰からもうらやましがられるものですし、字が美しいというだけで、その人の印象は著しくアップするものではないでしょうか。文字を書く機会というのは意外と多いですし、そういったときに、文字が綺麗であると得をする場面もとても多いです。しかし、一方で、字が汚いという理由で悩んでいる方も非常に多いのも事実です。そこで、美文字になるための方法には、どのような方法があるのでしょうか。またそれは自宅でもできるのでしょうか。結論から言うと、美文字になるための方法には、さまざまな方法があると言えるでしょう。書道を習ってみたり、書き方教室、ペン字教室など...
大人になると、なかなか文字を書く機会が減り、久しぶりに書いた自分の字に衝撃を受けてしまうという人もいるのではないでしょうか。特に、祝儀袋や不祝儀袋に筆ペンで文字を書くときは、より文字の美しさや下手さが目立ってしまいますから、美しく書くポイントをおさえておくことが大事です。ペンの正しい持ち方は、ペン先から3センチほど上を持ち、人差し指、親指、中指でつまむように持ちます。手首が浮いていると指の動きが安定しませんから、文字を書くときには手首を机の上にしっかりと固定させることが大切です。ペンを思い通り動かせるように、まずは円を書いてトレーニングをします。この時のポイントとしては、手首を固定した状態で、...
子供の頃に習っていた書道を、ブランクが数十年ありましたが、子供にも習わせたく、一人では行きたくないというので、これを機に自分自身も書道を再開することにし、子供のと一緒に書道教室へ通っています。子供の頃に書道を習っていたおかげか、今でも人から字を褒められることが多いため、子供にも、小さな頃から身につけて欲しいと願っています。最初こそ、私の隣でなければやらないと言っていた子供が、数回通った後から、一人で通えると言うようになったため、私は子供が学校へ行っている時間に通うようにしました。毎朝、家族を学校、職場へと送り出した後、掃除をし片付けをし、送り出すまでのバタバタが午前中続いていたため、イライラし...
私は小さい時に、自宅の近くの教室に美文字トレーニングを習いに行ったことがありました。その時、最初はとても嫌だったのです。それは、字をかくことがそんなに好きではなかったので、その字を習いたい、そんな気持ちがなかったのです。そのため、嫌と思いながら教室にいくことになりました。その教室では字を学ぶことと、礼儀作法も一緒に習うことになりました。だいたい書道教室ではそのように、礼儀作法も一緒に教えてもらえるところが多いようです。私がいっているところも、そんなふうに礼儀から入るところでした。そのことも、小さい時は、辛いと思っていました。しかし、少しづつ慣れてくるのです。そしてそのことが、後から良いと感じる...
近年はペン習字などの習い事をする人が増えているように美文字ブームと言っても過言ではないと思います。美文字は女性のみならず男性にとっても憧れのものです。字が綺麗というだけで賢く見られたりしますし、ビジネスの場で字が綺麗だと好印象を与えることができると思います。そこで美文字になるためのコツを教えたいと思います。よくある通信教育などと要領は同じことです。綺麗なお手本を見ながらゆっくりと字を矯正していきます。長年書いてきた字というものには自分のくせが出てしまうものです。そこを矯正しないではいつまでたっても美文字を書くことはできません。一日に一文字ずつでもいいので、お手本を参考にしてゆっくりと字を練習す...
美文字、すなわち字が綺麗な人というのは本当に憧れますよね。手紙などを書くときには勿論ですが、お店で名前を書くなどちょっとした時にさらっと書けるというのはそれだけで育ちが良いというか、出来る人といった印象を与えてくれます。お店の人などもそうです。封筒などの住所が直筆だった際に美文字であると、読みやすいし心象も良くなります。そんな美文字ですが、実は幾度となく時の練習に挑戦した事があります。子供の頃から字が汚いのは気になっていたのですが、大人になるにつれてどんどんその悩みは膨らんできていました。お年寄りなどには綺麗な字と言ってもらえるので、良くいえば達筆といえる字なのかもしれませんね。しかし誰もが綺...